<   2013年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

忍野出撃 その2

前回の続き・・・・(Sさん、また写真をお借りします)

c0149633_18231995.jpg


こ~んなに綺麗で独特の雰囲気と魅力がある忍野。しかし釣りに関してはそんなに甘い所ではございませぬ。

なかなか釣れず、集中力も切れてきたのでここでいったん休憩。
「リバーズエッジ」さんに移動してランチです。
ローストビーフサンドとビーフカレー、焼きそばを2人でシェア。相当な腹ペコだったのか、写真も撮り忘れました(汗)
ここでリバーズエッジの渡辺さんにいろんなアドバイスを頂き、さらに他のお客さんと自分と3人で釣友Sさんをフライの世界に引きずり込もうと試み、充実したランチを済ませ、いざ午後の部へ出撃!

ここでさっきまで見なかった赤いボディの虫らしきものがちらほら・・・・
c0149633_18323298.jpg


キタ―!アカマダラカゲロウ?先日タイイングしたアカマダラのスピナー結んでキャストー!

一投目でパシャ!これがマッチザハッチってヤツなのかな・・・・
c0149633_18342149.jpg


久しぶりのこの感触!いいサイズの綺麗なニジマスをGET。場所がよかったのか、なんとかネットに納めました。

で、いい気になり、その後もアカマダラで攻めますが見向きもされず・・・・・

あちらこちらでライズは見られるも、♯22でも見切られ万事休す(汗)

集中力も切れ始め、5時にて終了。

c0149633_18395440.jpg


今回、せっかく巻いていったニンフ(沈めるフライ)は使わず、ドライ(浮かせるフライ)のみで挑戦しました。
ニンフで釣れたのかどうかはわかりませんが、ドライフライに魚が飛びつく瞬間がとにかく見たくて、でもこれもフライフィッシングの醍醐味だと思います。

なかなか難しい釣行が続いていますが、次回は多分桂川でリベンジ?になりそうです。
[PR]
by reflet-blog | 2013-05-26 18:49 | FLY FISHING | Comments(2)

忍野出撃 その1

満を持して行ってきました、忍野。
前回、前々回と、桂川でボウズをくらい、戦闘モードが下降ぎみな状態で少しでも忍野の魚に癒されたい。
昨年の夏、いい想いもしてるしね。

c0149633_19292764.jpg

お決まりのSさんカメラで記念撮影・・・・自分後向いてるし(汗)
もう一枚Sさんから頂きましたが目をつぶってしまいアウト。

今回もSさんから沢山写真を頂きました、ありがとうございます!自分のと混ぜこぜで使わせて頂きます。
c0149633_19354471.jpg
c0149633_19364238.jpg

忍野のこの感じ、癒されます。で、もちろん釣ってなんぼの釣りですので気合十分!

今回は3番グラスロッドではなく、5番ロッド(入門用に購入したデビューロッド)で、ロールキャストのロールキャストでロールキャスト。なんのことだかよくわかりませんが、用はなるべくロールキャストしか使わず、対岸でライズしてる魚にフライ先行ロング、ナチュラルドリフト(長く、自然に流す)ってことです。これはなごみ店長の助言です。忍野の魚はスレまくってるので、わずかなドラグでも魚が食わないのだそうです。

c0149633_19384220.jpg

朝一発目は先日巻いたユスリカ♯20、22で様子をみるといきなりヒット!
初めてのブラウン、久しぶりの感触にあたふたしながらも慎重にネットインのはずが・・・・まさかの寸前でフックから外れてチャポン・・・・(涙)
気を取り直して数投目、またもやいいサイズのニジマス!ここも慎重にネットイン・・・・が、寸前バラシ・・・・
やはり、長い長い「忍野ネット」が必要だった・・・・いい訳ですがね、忍野は川が低い位置にあることが多く、渓流用のランディングネットでは短すぎて届かない。持ち手の長いネット(忍野ネット)がないとなかなか取り込めないんですね、知ってはいましたが忘れてました・・・・

c0149633_19461356.jpg

で、Sさんの方は・・・・なかなか静かな立ち上がりのご様子。

この日は平日なのにまあまあ人が多く、フライの講習っぽい団体さんも見えます。
自分もまだまだ初心者ですがね、受講生には負けられぬ!だって2カ月以上釣れてませんから!背負ってるものが違いますから!
果たしてどうなる事やら・・・・

その2に続く・・・・
[PR]
by reflet-blog | 2013-05-22 20:04 | FLY FISHING | Comments(2)

忍野に向けてタイイング

最近2回の釣行でボウズをくらってかなりヘコんでいますが、「渓流では当たり前ですよ!」って、なごみ店長(僕のフライの先生)になぐさめられ、いつまでもウジウジしてては前に進めぬ!と気合を入れ直した今日この頃。
多分(僕の中では100%)次回は忍野。
昨年の夏にSさんと挑んだ思い出の場所。暑さの中まずまずの釣果でそれなりにいい思いもあって、桂川でボロボロになった僕らにはオアシス的な忍野がいいのでは。
が、そんなに忍野も甘くはないのです。魚はスレまくり、ナチュラルドリフトは必須。ドラグが少しでもかかると魚はフライを見向きもしません。
ですがね、今の僕らにはそこに見える魚がいるだけでかなりのリハビリになるはずです。

で、せっかく行くからにはもちろん釣りたい訳ですが、今回もあの手この手を使ってボウズを回避したいのですよ。

まずお世話になったのが忍野のフライショップ「リバーズエッジ」さんのサイト。ご丁寧にもハッチチャートなるものがあるではありませんか!こちらを参考に、今の時期にハッチすると思われるフライを巻き巻きします。
もちろんこれだけでは釣れる保証はありませんが、生かせるものは最大限に使わせて頂きます。

c0149633_19311085.jpg

アカマダラパラシュート
初めてグースバイオットという素材を使ってボディを巻いてみましたが、より虫っぽさがでてイイかも。

c0149633_19332144.jpg

オナシカワゲラ
思いっきりハッチチャートを参考に作ってみましたが、その虫自体よく知りません・・・・

c0149633_1935680.jpg

ユスリカ
♯20、♯22くらいの小さめのヤツ。

c0149633_19361077.jpg

アカマダラのスピナータイプと今更ながらド定番のフェザントテールニンフ
ウイング長いけど現場で調節

c0149633_193837.jpg

通称ヒゲナガ(ヒゲナガカワトビケラ)
リーサルウエポンでなごみ店長ひ作ってもらいました。フックがデカイ・・・・
こんなデカイ虫が飛んでたらビビるかも(汗)

これだけではもちろん対応できないので他もいろいろ巻いてみます。
[PR]
by reflet-blog | 2013-05-10 19:47 | FLY FISHING | Comments(2)